読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クリオネが出てこなくても

研究計画書が書けない。それはともかく、非寿司記事もうまく書けない。とにかく筆が乗らなかった。この反省を生かし、半寿司半非寿司のハイブリッドではどうかということになった(頭の中で)。今回は、日常的な話題に寿司を織り込んでいくスタイルでやってみようと思う。 

 ご存知の通り、寿司マフィアの拠点はかなり立地のいいところにある。しかし、ここのところオリンピックまでに引っ越すという案が出ている。だがここからどこへ行くというのか。正直な話どこに行っても満足できない気がしている。コチンニヴァースから離れるのも悲しいし。

コチンニヴァースにヒントを得て、むしろおいしい店がある街に住めばいいのでは?という閃きがあった。そこで、食べログ先生のランキングを見ながら、住んでもいいと思える街を探していきたいと思う。

-------------------------------------------------------

ここまで、下書きに書いてあった。なぜ中断したのかを思い出す。食べログのランキングを見ていたら果てしない作業に辟易してやめたんだった。もっと気軽に、気軽に書かないと。ところで今われわれは、土地×人文学がテーマの同人誌『府中』を計画中なわけですが(執筆者募集中です)、そうと決まればやはり府中の寿司について書かないわけにはいかない。だが、寿司よ申し訳ない、府中の寿司についてはあまり知るところがないのだった。ひとつだけ言えるのは東寿司は素晴らしいということ。庶民的な、コスパのいい、雰囲気のある店として。

https://tabelog.com/tokyo/A1326/A132602/13072012/

というわけで府中からも離れて。ほんとに何を書けばいいんだろう。とりあえず直近で言えば、新宿の寿司屋でクリオネが出てきた。何を言っているかわからないと思うが、クリオネが出てきたんです。その時お邪魔したのは新宿西口にある「寿司辰」。よく行く店なのだが、ここ最近は立て続けに面白いイベントが起きる店と化している。前回は、ちょっと頭のねじが外れたようなチンピラボーイが絡んできた。「金ならあるから好きなの食えよ!オラ、喰いたいんだろ!」と言われ(食べなかった気がする)、その態度に大将がお怒りになって、「若い時から真面目に生きないとダメだぞバカ野郎」とちょっとした喧嘩になった。横にいたおじさんは「わかるよ、俺も若いときは粋がってた」と謎の仲介をし、寿司マフィアは傍観していた。

そして今回はクリオネが出てきた。といっても、最初はシラウオだったのだけど。タッパーに入って蠢いているシラウオが話題になって、せっかくだから踊り食いをしようと提案された。生物を殺して喰らう歯ごたえを楽しんだ後、大将がドンとカウンターの上にビンを置く。そこにクリオネが数匹入っている。隣のお姉さんと一緒になってはしゃぐ。シラウオは大きくなるとクリオネになる。透明な体にピンク色の臓物。32歳のお姉さんは函館出身だった。隣の店は体操のお兄さんが経営しているらしい。

https://tabelog.com/tokyo/A1304/A130401/13047204/

もちろんクリオネは出てこなくていい。しかし通うことの意味もあるんだなと再認識した。街の寿司屋に、通わせてくれ。引っ越し先候補の一つである十条であれば、たとえばこんな。

https://tabelog.com/tokyo/A1323/A132304/13103656/

ひとつひとつの寿司を大事にして、細やかに描いていくしかない。寿司から寿司へ、線を引け。おこのみで。