ツイネーム

寿司とは全く関係がない。

ツイッターの名前を変えようかと思ったのだが、友達に付けてもらった名前なので残しておきたい、どうしようということでここに書き残すことにした。

ついでに歴代の名前で覚えているものも記しておこう。順番は時系列と一致していないかもしれない。

ンメ先生

レトロ喫茶店

うもう

歌舞伎町霊界通信

トロサバ

蓮實エピゴーネン

書いてみると覚えているものは本当に少ないことに気付く。期間が長かったのはンメ先生>トロサバ>その他だろうか。思い入れがあるのは歌舞伎町霊界通信だ。こうして書き出してみると登場人物一覧のようにも見える。ロシアの小説のように、名前がややこしすぎて離れていったフォロワーも多いのかもしれない。千の顔を持つ英雄。百の名前を持つツイッタラー。アイコンは米の熊です。米が好き。結局寿司の話に近づいた。さいきんは米料理以外で好きな料理を挙げられるようにしたいと思ってる。

 

広告を非表示にする

あぶりトロユキ

札幌について何を書くことができるか。平成29年度が始まったことで、ついに札幌生活も5年目に入った。5年の間にはそれはもうたくさんの思い出が積み重なり、札幌を離れることなんてもう考えられない。などということは全くない。5年間何をしていたのだろう。記憶喪失に近いレベルでの何もない日々。すべて雪に埋もれた。

札幌生活を振り返ってみよう。

1年目。引っ越してきた日にまだ雪があって驚く。歩きスマホをしたら手からスマホが滑って雪の中に刺さった。クリスマスに大勢の前でアリアをアカペラ独唱した。

2年目。わりと長く付き合っていた元恋人と別れる。その後修論で体調を崩す。今思うと修論の時期は他のアウトプットをしなくてよいのでよかった。永遠に修論を書く生活がしたい。

3年目。このあたりから迷走が始まる。

4年目。自分を貴族と勘違いする。

5年目。心を入れかえて自炊に取り組む。

『雪』という小説がある。オルハン・パムク。パムクの小説について、内容を語ることはたいした意味を持たないと思う。ストーリーテラー。雪はテロの話でもある。奇しくも先日ペテルブルクの地下鉄でテロと思しき爆発があった。我々はテロの時代に生きていると言える。東京はテロへの誘いに満ち満ちていた。歌舞伎町での土下座、あれは一種のテロだったと言えるだろう。とにかく、内面のテロから逃れるべく札幌にやってきたはずだ。そうだった。そうだろう。

テロは形を変えて続く。だが今のところ、成功の兆しも見えつつある。雪でテロの心を埋め尽くした後には何が始まるだろうか。テロリストはどう社会復帰すればいいのか。出所したら歌舞伎町の駆け込み餃子で働きます。東京に北海道の回転寿司が入ってきていることが納得できない。どうしようもない回転寿司に行きたい。絶対的なおいしさがほしいわけじゃないときもある。あぶりトロサーモンを数年ぶりに、いや初めて認めた。カナディアン・スシがそこにはある。みんなも渋谷のKINKAに行ってね。ランチで。

スマホが充電できなくなった。虫歯ができた。年が過ぎるごとに、できることは少しずつ増えることもあり、できないことは圧倒的に増えていく。できないままのことがほとんどだ。西口の地下にあった沼津港も移転してしまった。寿司の末端組織。それでも生きていく。ある程度は、細胞レベルで。

広告を非表示にする

南青山一丁目

長らく書けていなかった。今も書ける気はしないが、書いておこう。書ける限りで。

本業で書けないのは怠惰ゆえだろうが、こちらはむしろ安定期に入ったからこそ書けないことがあるように思う。寿司との関係の安定。安定したがゆえに意識しなくなる。恋愛然り。そうであるとすれば、意識しないのは幸せなことなんだろうが、とはいえそれでいいのだろうかと悩んでしまう。それが幸せなのだとしたら、どうすればいい。幸せのために幸せが見えない時にはどうすればいい。

そこで映画だ。ひとつの手段として。同じような話を手を変え品を変え。よく飽きないものだ。飽きているから飽きない。この構造を使うしかない。そして映画は見るだけのものではないはずだ。で、あれば、寿司の風景が映画であってもいい。あるべきだ。あろう。そうだろう。であれば。

映画がデートの代名詞になっていることが理解できない。正確に言えば、「映画は苦労せず時間がつぶれるし、終わった後にそれについて話せばいいから楽」などと書かれることが不可解でならない。見終わった後には全くもって話したくない。なるべくなら映画について話さずに雑談していたい。この手の、「話してはいけない」という強迫観念めいた命令をしばしば感じる。「話してはいけない」を共有したことはないように思う。人と映画を見に行きたくないという話ではない。

ミュシャと彌生を同時開催するのはいかがなものか、ネタにネタを重ねるようなものだ。彌生を無視して、ミュシャの人混みをサーフして南青山へ。銀座ウエストは超満員、手前のフレンチという気分と懐具合でもない。脇道に入るとまさに昭和という風貌の寿司屋が目に入る。逡巡し、「餃子600円」という看板の矢印に従って歩いても何も発見できず、意を決して入ることにする。表からは想像できないほどモダンな内装。手頃な価格設定にも関わらず想像を上回ってくれる味。かわいらしいアサヒのおまけビールで記憶が他と区別され。店の向かいには今月出来たという服とアートのこじんまりしたギャラリー。北欧の陶磁器。内輪の会話。霊園と火葬場。刑務所にしか見えない議員宿舎。彌生の顔。

映画を5本借りてきた。

https://tabelog.com/tokyo/A1307/A130701/13001184/

広告を非表示にする

クリオネが出てこなくても

研究計画書が書けない。それはともかく、非寿司記事もうまく書けない。とにかく筆が乗らなかった。この反省を生かし、半寿司半非寿司のハイブリッドではどうかということになった(頭の中で)。今回は、日常的な話題に寿司を織り込んでいくスタイルでやってみようと思う。 

 ご存知の通り、寿司マフィアの拠点はかなり立地のいいところにある。しかし、ここのところオリンピックまでに引っ越すという案が出ている。だがここからどこへ行くというのか。正直な話どこに行っても満足できない気がしている。コチンニヴァースから離れるのも悲しいし。

コチンニヴァースにヒントを得て、むしろおいしい店がある街に住めばいいのでは?という閃きがあった。そこで、食べログ先生のランキングを見ながら、住んでもいいと思える街を探していきたいと思う。

-------------------------------------------------------

ここまで、下書きに書いてあった。なぜ中断したのかを思い出す。食べログのランキングを見ていたら果てしない作業に辟易してやめたんだった。もっと気軽に、気軽に書かないと。ところで今われわれは、土地×人文学がテーマの同人誌『府中』を計画中なわけですが(執筆者募集中です)、そうと決まればやはり府中の寿司について書かないわけにはいかない。だが、寿司よ申し訳ない、府中の寿司についてはあまり知るところがないのだった。ひとつだけ言えるのは東寿司は素晴らしいということ。庶民的な、コスパのいい、雰囲気のある店として。

https://tabelog.com/tokyo/A1326/A132602/13072012/

というわけで府中からも離れて。ほんとに何を書けばいいんだろう。とりあえず直近で言えば、新宿の寿司屋でクリオネが出てきた。何を言っているかわからないと思うが、クリオネが出てきたんです。その時お邪魔したのは新宿西口にある「寿司辰」。よく行く店なのだが、ここ最近は立て続けに面白いイベントが起きる店と化している。前回は、ちょっと頭のねじが外れたようなチンピラボーイが絡んできた。「金ならあるから好きなの食えよ!オラ、喰いたいんだろ!」と言われ(食べなかった気がする)、その態度に大将がお怒りになって、「若い時から真面目に生きないとダメだぞバカ野郎」とちょっとした喧嘩になった。横にいたおじさんは「わかるよ、俺も若いときは粋がってた」と謎の仲介をし、寿司マフィアは傍観していた。

そして今回はクリオネが出てきた。といっても、最初はシラウオだったのだけど。タッパーに入って蠢いているシラウオが話題になって、せっかくだから踊り食いをしようと提案された。生物を殺して喰らう歯ごたえを楽しんだ後、大将がドンとカウンターの上にビンを置く。そこにクリオネが数匹入っている。隣のお姉さんと一緒になってはしゃぐ。シラウオは大きくなるとクリオネになる。透明な体にピンク色の臓物。32歳のお姉さんは函館出身だった。隣の店は体操のお兄さんが経営しているらしい。

https://tabelog.com/tokyo/A1304/A130401/13047204/

もちろんクリオネは出てこなくていい。しかし通うことの意味もあるんだなと再認識した。街の寿司屋に、通わせてくれ。引っ越し先候補の一つである十条であれば、たとえばこんな。

https://tabelog.com/tokyo/A1323/A132304/13103656/

ひとつひとつの寿司を大事にして、細やかに描いていくしかない。寿司から寿司へ、線を引け。おこのみで。

Kの城

寿司以外についても書いていいという啓示を得たので、ぼちぼち書いていくことにしました。

寿司記事はツイッターに流して非寿司記事は流さないようにします。

 

この間、どうやってKと仲良くなったのかと聞かれました。

Kはわたしの親友です。そしてKは、カフカの城のように近づきがたい。

というか、今でも至近距離にはないですが、だからこそ続いているんだと思います。

Kは自分から誘ってくることは全くないので、基本的にはこちらから誘うことになります。

おそらく、多くの人はこのプロセスを3回くらい繰り返すことで近づくのを諦めてきたのではないかと思います。

寿司マフィアは距離感の見えない中、永遠に声をかけ続けたので今の城との関係が出来上がった気がします。

感謝の正拳突きみたいなものです。

彷徨い続けられることの幸せ。なんとか生き延びてほしいです。

介錯する約束は生きてます、ぎりぎり。

広告を非表示にする

寿司サウナで健康になるための

弱点がある。あるいは未発達の部分。

この間友達と寿司の話をしていたとき、なにげなく「稲荷寿司はどうなの?」と聞かれ、言葉に詰まってしまった。日ごろヘラヘラしながら生きているが、寿司については噓をつきたくない。正直に言った、稲荷寿司(とガリ)が実は苦手なんだと。それが自分にとっての鬼門なんだと。結局のところ稲荷寿司は、ほとんど毎回どこかで触れている「甘い寿司」のひとつだ。いつかは決着をつけないといけない。だがやつを否定することは、そのまま自分を否定することにつながってしまう予感がしていた。

バレンタインには肉寿司をもらいたい。肉寿司は認められる気がする。魚でない寿司があってもいいだろう。では油揚げは。油揚げを認めることができないのか。それとも甘めのシャリを認めることができないのか。本当にそれでいいのだろうか。甘さこそが今の自分の寿司道に立ちふさがる課題だと思った。屹立するマッターホルンのような鋭さの寿司と、全てを包み込む南の海のような寿司。甘さに、温かさに、抱かれることを怖れているのではないか。甘い寿司を受け止めないことには人間関係も前に進めない。そう直感していた。

銀座にある吉宗(よっそう)は、1866年創業の長崎の郷土料理屋です。ちゃんぽんや皿うどん、それに鯨料理などを出していますが、創業当時から続く看板メニューは茶碗蒸しと蒸し寿司を、同じ大きさの二つの茶碗に入れた「夫婦蒸し」。蒸し寿司にのっているのはあなごのかば焼き、海老おぼろ、錦糸卵です。

f:id:akagaakai:20170227160306p:plain

茶碗蒸しについては特に申し上げることはありません。茶碗蒸し、わりと苦手なんですよね。ただ色々な具(たしか10種類)が入っていてそれはよかったと思います。ほとんどスープみたいなものでした。

さて、蒸し寿司。いつものように、密林とか四海同胞とか、そういうイメージは湧いてきませんでしたが、際立った驚きがないにも関わらず、箸は進む。気付いた時には手遅れになっているマフィアの手法のように、穏やかな味わいがありました。もしかしたらそれもまた幸せの形なのかもしれない。満面の笑みにならずとも共存はできる、受け入れではなく受け止め、そのような、対峙のあり方で。酢は蒸すことで柔らかい味わいに変化するそうです。蒸し寿司の柔らかさと接することで、屹立する寿司に接する際の味わいもまた変化することと思われます。〆ではなく蒸し。この知見を活かしていけるような人生を歩みたい。

https://tabelog.com/tokyo/A1301/A130101/13002651/

光をみすえる鬼

悩んでいた。こんなくだらないことを書いていていいのか。完全に時間の無駄遣いではないのか。ただ、自分が一番書きたいのは間違いなく寿司についてなのだから、それを抑制してもしょうがないような気がした。

早川光はいったいどれほどのモチベーションで寿司と向き合い続けてきたんだろう。早川光というのは有名な寿司太郎なんですが、今調べていたら彼は映画監督であり漫画原作者なんですね、知らなかった……。何気に筒井康隆の作品を映画化していたり、寿司マフィアが30秒くらい話したことのある巻上公一を撮っていたりと、予想外に興味を惹かれる映画監督としての経歴でした。さらに、寿司マフィアの好きな漫画のひとつ『私は利休』の原作者でもあった。マジかよ、光!しかも光が生まれた街は寿司マフィアが大学の時に使っていた駅の隣町である。光、意味不明な寿司おじさんだと思ってたけどめっちゃいい仕事してたんだな。ごめんよ光、待っててくれ光。

ただね、光の寿司道、それはもう利休の茶道のように高みにあるとは思うんですが、それとは違う可能性を見てみたい。ていうか光が食ってる寿司だいたい高くて食べられないしさ。もうちょっとカジュアルな、それでいて寿司を導いていけるような寿司道を歩きたいわけです。茨の道かもしれない。それでもなお。

というわけで今日の寿司は、五島列島の鬼鯖鮨です。強い名前ですね。サバって飛ぶのかな。

f:id:akagaakai:20170222192320j:plain

f:id:akagaakai:20170222193557j:plain

普通の鯖棒寿司とは違って、かなり浅く〆てあり、ほとんど生のような味わいです。

おいしいですね。この鬼鯖のイメージ画のせいか、海をね、飛び跳ねている何かを感じます。海を飛び跳ねるエネルギー。たとえて言えばFF10ティーダが海面に浮きあがってワッカを眺めるときのような。この瑞々しさは強く〆た鯖ではなかなか感じられない。さっぱりした瑞々しさランキングで言えばかなり高いほうかもしれません。ちなみにねっとりした瑞々しさランキングの1位はちゃんとした赤貝です。

ただ疑問もある。あまりにも爽やかすぎるのではないか。あまりにも薄すぎるのではないか。そう、人がナチュラルメイクの達人を見たときに感じるあの不穏さです。むしろある程度濃くしてくれたほうが安心できる(ときがある)(わたしだけですか?)。鬼鯖鮨はある意味で「うまく食べこなす」ことが難しい寿司だと感じました。ナチュラルメイクを食べこなしてるわけではないです。つまり、極端な寿司だということです。それは悪いことでは全くなく、鯖棒寿司界のひとつの極であるという名誉なのですが、とはいえ寿司の食べこなしという観点から言えばなかなか扱いにくい代物ではある。常に一定程度〆た鯖のことが頭をよぎるわけですね。

とはいえ、これは次につながるということでもある。次は強く〆た鯖を食べればいい。〆鯖の永久機関が出来上がるわけです。もちろんそれは冗談ですが(このブログはどこからどこまでが冗談なのかわかりにくいですね)、寿司の食べこなしという意味では、鬼鯖は強く主張する武器になり得る。鬼鯖は鬼鯖だけでは完成しないってことですね。他の寿司との連関の下にある。これを忘れてはいけないと思いました。服のコーディネートみたいなものです。

こうしてみると、寿司マフィアの最初の寿司コーデは完全に間違っていました。

小さいころ、寿司マフィアは静岡の寿司屋でなぜかシャコを注文し続け、祖父にたしなめられる子どもでした。今考えるとめちゃくちゃ嫌なガキですよね。まあそれはともかく、シャコを食べ続けるのは全身金ピカ太郎くらいやばい食べこなしなわけです。完全に道を踏み外している。マフィアどころかただの鉄砲玉です。一方で、サーモンやマグロだけ食べるというのもどうにも味気ない。万年ポロシャツ太郎やスーツばっかり太郎のような感じがしますね。他を知った上で組み合わせるには素晴らしいのですが、どうにもそれだけではよろしくない。当たり前のことですが、寿司コーデとなるとこうした考え方は忘れられがちな気がします。念のため言っておきますが、これはおまかせとか、あるいはどういう順番で寿司を食べたらいいのかとか、そういう話にとどまることではありません。生きていくうえでどのタイミングでどういった寿司を、どういったネタを、どのように味わうか。鬼鯖はあなたの人生のどこに位置するべきなのか。五島列島の正確な位置と同じくらい、それをちゃんと考えられる人は少ないはずです。鬼鯖のような寿司の「外し方」、次はどこで味わうでしょうか。外してばっかりでもあれですけどね。

広告を非表示にする